タトル出版トップ > 日本文学 英訳 > 古典日本文学 > 47 Ronin 3ed 四十七士-外国人著者が描く『忠臣蔵』

47 Ronin 3ed

四十七士-外国人著者が描く『忠臣蔵』

47 Ronin 3ed
イメージを拡大

著者 John Allyn
価格 1,500 円
ISBN 978-4-8053-1580-4
判型 130 x 203mm 256ページ Paperback
在庫情報 在庫あり
  • 個人様向け

  • 書店様向け

内容のご紹介

日本でも人気がある『忠臣蔵』、そしてキアヌ・リーヴス主演のハリウッド映画『47 Ronin』のベースとなった赤穂事件は
武士道の精神、忠誠心、そして仇討ちを試みる復讐の物語として
いまだに日本好き、歴史好き、そして壮大な冒険譚好きといった多くの人々を魅了する古典的物語となっています。

1701年、江戸城内で、播州赤穂の浅野内匠頭が、吉良上野介に斬りかかるという事件が起こる。
斬りかかった動機の詳細は不明であるものの、
喧嘩両成敗の鉄則に反し、浅野は幕府より切腹を命じられる一方で、吉良には何の咎めも与えられなかった。
浅野の土地は没収され、彼の家族は改易され、赤穂城は幕府へ明け渡すことを命じられ、主君を失った家臣たちは浪人となった。
理不尽な処遇を命じられた浪人たちは1年9か月という長い年月をかけて、仇討ちを企てる。
円卓の騎士の物語のように、この47人の浪人たちの行いは、武士こそが真の英雄であり、死することこそ名誉に値する時代において、
勇気と狡猾さ、そして忠誠心を示す伝説となり、また象徴的な例となり、現代においても多くの人々の心をつかむ物語として語り継がれています。

ジョン・アレンの鮮やかな語り口、そして学者であり映画アドバイザーであるステファン・ターンブルの序文とともに、
この日本文学の叙事詩を正しい歴史的文脈において紹介します。

※このページに記載されている価格は全て本体価格となります。

フリーワード検索


カテゴリー検索

日本のポップカルチャー

日本のマンガ技法書

和食

日本の写真集

日本の地図・ガイドブック

日本の歴史・文化

日本文学 英訳

日本語学習

絵本・児童書 日本文化

おりがみ・クラフト

ギフト商材

日本の武術

★ロングセラータイトル★

新着ニュース

書店様向け

カートを見る