タトル出版トップ > 日本文学 英訳 > 古典日本文学 > Essays in Idleness 徒然草(英文版)

Essays in Idleness

徒然草(英文版)

Essays in Idleness
イメージを拡大

著者 吉田 兼好
訳者 ドナルド キーン
価格 1,600 円
ISBN 978-4-8053-0631-4
判型 130×203mm 214ページ paperback
在庫情報 在庫あり
  • 個人様向け

  • 書店様向け

内容のご紹介

日本三大随筆の一つ『徒然草』。ドナルド・キーン訳。

思索や雑感、逸話を多岐にわたって『つれづれなるまま』と、すずりと筆で書きとどめた仏僧、吉田兼好。



本書で語られている興味深く楽しい、教訓的な物事を描く逸話や、風習、

儀礼についての記事は、彼にとって全て書き記すべき重要なものでした。



223章から成る本書は各話の文量が多くなく、中には2、3行のみの話もありますが、

短編集であるこの1冊から兼好の魅力溢れる人柄が十分に見受けられます。

彼は、人間の欲望や野望の虚しさや不可避な死という「無常」に心を奪われました。



形式ばったものを賞賛しながらも、謙虚さや素朴さに価値を置いている彼の矛盾が親しみを感じさせますが、

兼好が語る物事には、「美とは本質的にもろいものである」という日本の美学に一貫しているところがあります。

始まりも終わりも不完全で不規則、地味なものであり、完全なるものを超える魅力なのです。



そしてドナルド・キーンは本書を、「日本の審美眼の発展において中心となる作品」だと評価し、

見事な英語訳で、その極めて重要な古典を世界に伝えています。

※このページに記載されている価格は全て本体価格となります。

フリーワード検索


カテゴリー検索

日本のポップカルチャー

日本のマンガ技法書

和食

日本の写真集

日本の地図・ガイドブック

日本の歴史・文化

日本文学 英訳

日本語学習

絵本・児童書 日本文化

おりがみ・クラフト

ギフト商材

日本の武術

★ロングセラータイトル★

新着ニュース

書店様向け

カートを見る